協会の取り組み


3/19「木のいえデザイン×耐久性シンポジウム」開催

3月19日、渋谷区神泉町、風來講堂にて、木の住宅デザインと耐久性研究という今までにない試みの「木のいえデザイン×耐久性シンポジウム」を開催しました。
当日は121名にご参加いただき、3名の方に、「木の住宅・木のデザイン」、「木材の特徴と耐久性向上の未来」をテーマに語っていただいた後、当協会の田鎖副会長をナビゲーターに、トークセッション・「木のいえのデザインと耐久性向上の未来」でそれぞれの立場から思いをお話しいただきました。
長谷川豪氏には「木の住宅・木のデザイン」として、軽井沢の森の中の別荘や、駒沢の住宅、吉野町の吉野杉の家を例に挙げて、クライアントの要望へのアプローチの仕方や建物と建物の建つ環境との関係性がどうあるべきか、また、設計していく中で、「コスト面から木の家や木造を選択していたが、次第に日本の建築家として木を使いながら、従来とは違う新しい空間をつくりたいと思うようになった」等の思いを語っていただきました。
例えば、駒沢の住宅では、周囲の住宅等の環境、規制の中で、見たことのない新しい木の家を作りたいというクライアントと長谷川氏の思いが一致し、耐久性の高いユーカリの木材を外壁に貼って石材のような固いイメージを持たせる、窓の大きさ・高さで外の視線を遮りつつ室内から外の景観を見ることなど、デザインでどのように実現に要望に応えたか実践的な例を挙げていただきました。
今村祐嗣氏は「木材の特徴と耐久性向上の未来」のテーマの中で、「木を長持ちさせるために-耐久性向上の知識-」 をサブテーマに、木が腐る条件とプロセス、耐久性が低下する腐れと耐久性にほとんど変化のない変色の発生の違いやシロアリの生態等の説明の後、木材の保存処理の有効性を未処理木材との比較写真で解説していただきました。
続く栗﨑宏氏には、「保存処理木材の耐朽性調査の概要」をサブテーマに、保存処理木材はどのような薬剤を用いて、実際にはどれくらい持つのかという調査・実験について発表していただきました。その中で、現代の技術では、木材の内部まで完全に薬剤を浸潤させるのは困難であることや、木材内部に薬剤が未浸潤であっても、表層から浸潤した薬剤の層によって、内部が守られることなど豊富な実験結果のグラフや写真を交えて保存処理の有用性が語られました。
トークセッションで、プレゼンターの3名の方に意見を出し合っていただいた中で、木を現わしで使用するには外観、見てくれが大事。一般の方々に木を現わしで使った場合に、なぜ変色や汚れが出るのかという疑問がある。日本では湿気が多いため、綺麗に変色(シルバーグレイ)にならないため塗装をするが、一度塗って放っておいては絶対に持たない、という今村氏の木の現わしの外観とメンテナンスの重要性についての発言が印象的でした。


2/27第4回ログハウス体感セミナー開催

2/27LOGWAY BESS多摩で、第4回ログハウス体感セミナーを開催し、工務店やログビルダー、薪ストーブ取扱い事業所など26名にご参加いただきました。
当日のプログラムは、中川ログハウス普及部会長の開会挨拶の後、BESS多摩内のログハウスを見学し、そのうちの一棟で岩﨑氏(日本暖炉ストーブ協会副理事長)による薪ストーブの着火実演を、その後、ブロガー・CHOROBEAR氏の「本音で語る『わたしのログハウス』」、岩﨑氏の「薪ストーブ“火”ストリー」、当協会の北出理事の「プリミティブログハウスで楽しい暮らし」というテーマのプレゼンテーションが行われました。
展示場のログハウスで行われた薪ストーブの着火実演では、岩﨑氏のユーモアあふれる語りで、火は夏は外側へ、冬は内側へ燃え進むことから、「冬上夏下」という着火のポイントがあることなどの説明のあと、参加者一同無言で火に見入るなど、薪ストーブの持つ火の魅力や非日常的な空間を体感しました。
CHOROBEAR氏は実際に15年間ログハウスに住んでいる体験から、なぜ、ログハウスを住まいに選んだのか、また、住まい手目線でのログハウス暮らしの魅力を語っていただきました。その中で、ログハウスに住むようになって、家にいることが何より楽しい、24時間幸せだという言葉が印象的でした。
岩﨑氏には薪ストーブの歴史を「“火”ストリー」と銘打って、ヨーロッパと日本における暖炉・薪ストーブの発展や現在の薪利用のほか、“火は幸せの象徴である”など、火と暮らしの関係性や災害時の安全性など幅広い視点で薪ストーブの魅力を示していただきました。
北出理事は、ログハウスが地震での倒壊事例が0で安全性の高いこと、また、日本の住宅寿命が27年と他先進国と比べて短く、空き家が820万戸であるなかで、ログハウスは中古住宅で人気があること、人生100年時代のセカンドライフの提案として「独自の個性を楽しむ」なら、ログハウスが適しているなど、ログハウスの可能性と魅力を挙げ、普及のための原点回帰としてのモデル「プリミティブログハウス」の存在意義を語っていただきました。


11/1東京・代官山BESSスクエアで当協会推奨特別モデルプリミティブログハウスシリーズ
「piazza(ピアッツァ)発表会」を開催

11/1に東京代官山BESSスクエアにて、「piazza」発表会を開催しました。
当日は50名を超える方にご参加いただき、はじめにログハウス普及部会の中川部会長(夢木香)からご挨拶とプリミティブログハウスのコンセプトを、次にS.O.Y建築環境研究所代表の山中氏から「piazza開発コンセプト」、当協会の三浦理事(新建新聞社)から「平屋×田園居住」をお話しいただき、発表会の最後に、3名のトークセッションを行いました。
発表会後、屋外で懇親会を開き、WEBER STEPHEN PRODUCTS JAPANによるBBQアカデミーで、ログハウスとアウトドアを体感していただきました。



木のいえ一番協会 緊急企画
『WOOD HOUSE IS BEST! Hideout party』開催

10月24日(水)に神泉風來ビル1Fエントランスで、緊急企画「Hideout Party」を開催しました。
「Hideout Party」とは、家に対する意識の変化や、若手設計者の質の高まりを背景に、「Hideout」の名のもと、木のいえ一番協会の加盟企業がバックアップして未来が見える建築家やデザイナーが集い、“Random, Freedom, Wisdom.” バラバラで、自由だけれど、知恵を集めるイベントです。
ゲストにはIDEE創始者であり、現在は流石創造集団として「COMMUNE 2nd(246COMMON、COMMUNE246)」などの「場」を手がける黒崎輝夫氏と木のいえ一番協会の代表理事である二木浩三(株式会社アールシーコア)をゲストに迎え、自由な形式で、参加者を巻き込んだトークを繰り広げました。


9/25山中湖で「CLT低層住宅見学会」開催

2018/9/25(火)、当協会会員向けのCLT低層住宅見学会をフェザント山中湖にて開催しました。生憎のお天気の中、26名もの方々にご参加いただきました。
最初に、同所内「行行館」でCLT普及部会の木津部会長からプロジェクトの概要を、次に、技術開発委員会の池田委員長から、CLT HUTの構造等について説明しました。
説明の後、実際にCLT HUTの内外観を見学していただき、参加者は材の厚さや納まりなどを確認していました。


6/28熊本で「第3回ログハウス体感セミナー(製造編)」開催

2018/6/28(木)の日程で、熊本市の㈱佐藤林業で工場見学を、アークホテル熊本城前でセミナーを開催しました。
参加者は18名。工場見学では、同社取締役副社長の佐藤賢二郎氏にログ材の製造工程を一つ一つ丁寧に説明いただき、参加者は写真を撮ったり、質問をしたりして熱心に見学していました。 (写真はログ材表面の熱処理)
会場をアークホテルへ移した後、㈱フェニックスホームの代表取締役の松下勝久氏から「木造(丸太組構法)構造設計の実務」をテーマに告示や構造計算の必要な規模のほか丸太組構法で使用する樹種などのログハウスを建てる際に必要な知識や注意点を、当協会技術開発委員長の池田均氏には「ログハウス設計の留意点」と題して、構造、省エネ、火災時、耐久性、美観維持の観点から施主の心配への回答を披露していただきました。


6/8山中湖で「CLT低層住宅 見学会」開催

2018/6/8(金)山梨県南都留郡山中湖村で、今年2月に完成したCLT低層住宅実験棟”HUT"の見学会を開催しました。
プレス・関係者など61名が参加し、意匠設計を担当した山中裕一郎氏(S.O.Y建築環境研究所代表取締役)によるプレゼンテーションのほか、”HUT"の内外観の見学していただきました。
山中氏はプレゼンテーションの最後を「CLTは木の再発明だと思っている。残念なことに日本は海外からくらべて20年ほど遅れているが、CLTが未来の暮らしのスタイルになるよう、今後も研究を重ねて世界のCLT技術に追いつき、追い越したい」という言葉で結びました。
(CLT低層住宅プレス発表会の記事が掲載されました。
japan-architectsブログRealnetニュースR.E.portLIFULL HOME'S)
(体験宿泊のレポート記事が掲載されました。japan-architects